下肢静脈瘤は入院せずに楽クリニックで治す

下肢静脈瘤の専門、最先端の下肢静脈瘤治療  楽クリニック

メールでのお問い合わせはこちら電話でのお問い合わせ
下肢静脈瘤の治療
  1. ホーム
  2. 下肢静脈瘤の治療
  3. 下肢静脈瘤の検査方法

下肢静脈瘤の診察と検査方法

当クリニックでは、下肢静脈瘤の患者さまに以下の診察・検査を行います。

下肢静脈瘤の診察

下肢静脈瘤の検査の様子

診察前の問診では、コブの発症時期、こむら返り、むくみ、だるさ、かゆみ、痛みなどの自覚症状に加え、生活習慣や過去の病気、身内に同じ症状がないか検査を行います。

診察は、視診(コブや色素沈着、潰瘍の確認)、触診(むくみ、皮膚の状態確認)、超音波検査で、基本は立ったままの状態で行います。立つのが困難な場合は、座った状態でも可能です。

下肢静脈瘤の検査方法

以前は、「静脈造影法」などの患者さんに若干痛みを伴う検査方法を行っていました。
しかし、近年では下肢静脈瘤検査の主流となった「超音波検査」といった、患者さんに痛みがない検査方法を採用しており、下肢静脈瘤の検査をお気軽に受けていただくことができるようになりました。

ドプラ血流計

血液の逆流を調べるのに有用なのが、「超音波ドプラ検査」です。

超音波ドプラ検査は、救急車のサイレンの音が、近づいてくると音が高くなって離れていくと低くなって聞こえる「ドプラ現象」をいいます。このドプラ現象を利用して、赤血球に超音波をあてて血液の流れの速度の変化を音として表すのが「ドプラ血流計」です。

万年筆より少し太い器具を当てて、太いプローブという器具を皮膚の上から血管にあて、血流の方向を調べます。
プローブを血管の上にあて、ふくらはぎを手でつかむように圧迫します。血管が正常な場合には、逆流が起こらないため音はしません。

この音の大きさで、長さで逆流の程度を判断します。

下肢静脈瘤検査機器を設定する看護師

カラードプラ検査

「ドプラ血流系」と同じく、超音波を利用した検査方法です。

「カラードプラ検査」は、超音波を利用して血液の流れの向きをカラー画面で表示する方法です。足にゼリーを塗り、プローブという機器を当てる痛みのない検査です。原因の多くを占める足の付け根の血管までしっかりと検査します。

主な特徴として、血液の流れを色分けして表示することができます。心臓に向かう血流を青色で、逆流する血流を赤色で表示することができます。

逆流の有無がしっかり分かる他、原因の場所も正確に確認できるので、診断や治療方法も直ぐに提示することができます

ほかに、血管の内径を計ったり、血液の速度を測定することもできます。聴診によるドプラ血流計では得られない情報が得られますし、画像として記録に残すことができます。

容積脈波(ようせきみゃくは)検査

容積脈波検査は、足の静脈の機能を詳しく調べる検査です。

足に「マンシェット」という空気で膨らませるカバーを巻き、足の静脈の容積を調べます。足の運動による容積変化を調べることで、筋ポンプ作用や逆流の有無を調べることができます。

※マンシェットは、血圧を測る際に腕にまくものと同様です。

PAGE TOP