下肢静脈瘤は入院せずに楽クリニックで治す

下肢静脈瘤の専門、最先端の下肢静脈瘤治療  楽クリニック

メールでのお問い合わせはこちら電話でのお問い合わせ
下肢静脈瘤の治療・検査
  1. ホーム
  2. 下肢静脈瘤の治療
  3. 医療用弾性ストッキングって?

医療用弾性ストッキングって?

弾性ストッキングは、市販と医療用のものがありますが、市販のものは圧迫する圧力が医療用弾性ストッキングに比べると約半分です。

医療用弾性ストッキングについて

下肢静脈瘤治療に使われる医療用弾力性ストッキング

医療用弾性ストッキングは、特殊な編み方により、足をしっかりと圧迫するように出来ています。

足首部分が最も圧力が強く、上に行くにしたがって圧迫圧が弱くなっていきます。下肢静脈瘤が進行するにつれ、 圧迫圧の強い弾性ストッキングが使用されます。

弾性ストッキングは医療用とは別に市販されているものがありますが、市販品は汎用性が高い分、着用者によっては効果が殆どない場合もありますので、きちんと診察を受けた上で患者さまに最適な医療用弾力性ストッキングの着用をおすすめします。

ノースポールの画像
女性用・男性用、足のサイズや、足首回り、ふくらはぎ回り太もも周りなどのサイズに合わせて色々あります。
ノースポールの画像
長さも膝下、太ももまで、パンティーストッキングなど患者さまの状態にあわせて様々なものがあります。

医療用弾力性ストッキングの目的

  • 下肢静脈瘤の症状をやわらげる(足の”むくみ”や”だるさ”が軽減します)
  • 合併症予防(湿疹・うす茶から異色の色素沈着、皮膚潰瘍などの予防)

なぜなに?「医療用弾性ストッキング」

医療用弾性ストッキングについて、患者さまから多く質問されたものをピックアップしました。

下肢静脈瘤治療に使われる医療用弾力性ストッキング

弾力性ストッキングなら何でもいいの?

医療用弾性ストッキングは患者様それぞれの症状により色々なタイプ・サイズがありますので、医師の指示で適切なものを使用する必要があります。

圧迫が何故良いのでしょうか?

足全体を程よい圧力で圧迫することは、静脈血の流れを助け、循環をよくします(圧迫により表面の血管に停滞する血液を減らす効果があります)。

こんなに締め付けられたら血がめぐらなくなるのではないか?

はじめて医療用弾性ストッキングを使用するときにみなさまが思われる質問です。一箇所を締め付けているのではないので、足の血の流れには影響しません。表面に停滞している血液を深部のメインの血管に戻します。

ストッキングの着用を避けないといけないときは?

以下のような症状がある場合は、ストッキングの着用は控えて、かかりつけの医療機関で確認して下さい。

  • 皮膚に化膿した傷がある場合
  • 動脈血行障害が重い場合
  • 皮膚炎を起す場合

医療用弾性ストッキングのメリット

医療用弾性ストッキングのメリットとして以下のとおりです。

  • 低価格(手術に比べて)
  • 履くだけなので日常生活の中で続けられる。

医療用弾性ストッキングのデメリット

医療用弾性ストッキングのデメリットとして以下のとおりです。

  • 保険がきかない。
  • 履いている間しか効き目がない。
  • あくまで静脈瘤の進行を止める為の方法なので、静脈瘤自体はなくすことができない。
  • 夏に着用すると暑い。

医療用弾性ストッキングを履きやすくする補助器具

下肢静脈瘤治療に使われる医療用弾力性ストッキング

医療用弾性ストッキングは、特殊な編み方により、足をしっかりと圧迫するように出来ていますが、はくときに少しコツが要ったり力を必要とします。

下肢静脈瘤の予防としての性能を重視している分、普通のストッキングに比べるとどうしても履きにくいという声が多く寄せられています。

そこで、ストッキングを楽にはけるように、ストッキングを伸ばした状態ではけるようになる補助器具があります。
この補助器具を使用すると、患部にストッキングが擦れないので、手術直後には特に有用です。

PAGE TOP