下肢静脈瘤の治療・日帰り手術「楽クリニック」

下肢静脈瘤のレーザー治療

楽クリニック > 下肢静脈瘤の治療 > 下肢静脈瘤のレーザー治療

下肢静脈瘤の「レーザー治療」って?

レーザー治療とは、径の細いレーザーファイバーを血管の内腔に挿入してレーザーを当て静脈瘤を閉塞させる治療方法です。

レーザーは波長が1470nmで、血管の壁を変性し収縮させる性質をもっています。 照射後血管が縮まり閉塞します。
下肢静脈瘤のレーザー治療
このように、レーザー治療は今までの治療方法に比べて、短時間での治療が可能で、体の負担も少なく、治療による跡が目立たないなど、多くの利点を有しています。

唯一の欠点は術後に内出血やつっぱり感と痛みを太ももに自覚することですが、時間とともに症状は消失します。

レーザー治療に使用する機器

下肢静脈瘤のレーザー治療に用いる医療機器

レーザー治療装置

楽クリニックでは、2005年9月という極めて早い時期より下肢静脈瘤のレーザー治療をスタートしました。
2010年1月には1470nmレーザーを導入。高性能な治療機器で、精度の高い治療が実現しました。
2011年1月、980nmレーザー導入。健康保険の適用が受けられるレーザー治療に使用されます。

2017年4月、保険適用のある1470mm最新レーザー治療器(ELVeSレーザー1470)を導入しました。
従来の機器に比べ、手術部位の創がほとんど残りません。

レーザー手術治療の費用について

画期的なレーザー治療に対して、平成23年1月から健康保険の適用が認められました。今までは高額な自費診療の負担がありましたが、今後は自己負担も少なく高度な医療が受けられることになりました。もちろん、楽クリニックでも健康保険が適用されるレーザー治療を受けられます。お気軽にお問い合わせ下さい。

レーザー治療のメリット

  • ほとんど傷がつかない(ほとんど傷跡が残らない)。
  • 短時間で治療ができる。
  • 日帰りが可能。

レーザー治療のデメリット

  • 内出血がやや多い(980nm)。
  • 太ももの一時的なつっぱり感や痛みががある(時間とともに改善されます)。

レーザー治療はこんな方にオススメです

  • 仕事が忙しくて、長期間の入院が難しい。
  • 傷跡を残したくない。
  • 痛いのが怖い。
  • 多少費用が高くても、早く治療を終えたい。
お電話受付時間:
10:00~17:00
※木・祝は休診日です
電話番号:
073-433-5000
メールでお問い合わせ:
メールフォーム

▲このページの上に戻る

下肢静脈瘤ってなあに?

下肢静脈瘤の治療

楽クリニックご案内

サイト内検索

Copyrigt(C) Raku Clinic All right reserved