手術後痛くならいコツ

手術後痛くならないコツ

楽クリニック > 下肢静脈瘤 > 手術後痛くならいコツ

下肢静脈瘤の術後に痛くならないために

下肢静脈瘤の術後に痛くならないために以下のことを守ってください。

痛み止めの飲み方

術後にお渡しする痛み止めは痛くなってから服用しても効果が低いので、あらかじめ痛くなる前に服用してください。つまり、痛み止めは早め早めに服用することが、効果的です。但し、退院時に説明する飲み方を守ってください。決して多く飲むようなことはしないでください。痛くて我慢出来ないときは連絡下さい。

痛みを我慢すると痛みが取れにくくなりますので注意してください。

坐薬の使用

術後、夕方もしくは寝る前に坐薬を入れると、ほとんど痛みを抑えることが出来ます。
坐薬を入れる時間は、退院時に説明させていただきますので守ってください。

サポーターの使用

太股の痛みにはスポーツ用のサポーターを使用します。しっかり圧迫することで静脈を固定した状態にすることで、幾分痛みを抑えることが可能になります。

お電話受付時間:
10:00~17:00
※木・祝は休診日です
電話番号:
073-433-5000
メールでお問い合わせ:
メールフォーム

▲このページの上に戻る

下肢静脈瘤ってなあに?

下肢静脈瘤の治療

楽クリニックご案内

サイト内検索

Copyrigt(C) Raku Clinic All right reserved