下肢静脈瘤の治療・日帰り手術「楽クリニック」

下肢静脈瘤のケア

楽クリニック > 下肢静脈瘤の治療 > 下肢静脈瘤のケア

下肢静脈瘤ができてしまったとき、日常生活で気をつけること

足に出来るだけ血液をためないように注意しましょう

下肢静脈瘤のケア
下肢に血液が溜まらないように、 長時間の連続した立ち仕事はさけた方が無難です。立ち仕事中は定期的に5~10分間は、できれば足を心臓より高くして休息するようにしましょう。

足の静脈の流れを良くするために立ちっぱなしではなく、足踏みをしたり、歩き回ったりして筋肉を動かしましょう。 足の筋肉を使う事で、筋肉の血管に対してのポンプ作用が高まります。

下肢静脈瘤のケア 寝る時の姿勢夜寝るときには、 クッションなどを使用して足を高くして休みましょう。枕や座布団を使い、膝の下に入れるようにして足が少し曲がるようにして眠ります。 膝が伸びていると疲れる上に、静脈の血液の流れによくありません。


下肢静脈瘤のある方は、足がかゆいからと言って掻きすぎたり傷をつけないようにしましょう。足をかいて傷をつけると色素沈着や潰瘍の原因になりますので気をつけて下さい。

下肢を清潔に保つようにしましょう。

お電話受付時間:
10:00~17:00
※木・祝は休診日です
電話番号:
073-433-5000
メールでお問い合わせ:
メールフォーム

▲このページの上に戻る

下肢静脈瘤ってなあに?

下肢静脈瘤の治療

楽クリニックご案内

サイト内検索

Copyrigt(C) Raku Clinic All right reserved