下肢静脈瘤の治療・日帰り手術「楽クリニック」

下肢静脈瘤の日帰り手術

楽クリニック > 下肢静脈瘤の治療 > 下肢静脈瘤の日帰り手術

下肢静脈瘤の日帰り手術って?

日帰り手術で早まる日常生活復帰楽クリニックでは、下肢静脈瘤の治療にレーザー手術治療を導入(パルスヤグレーザー、半導体レーザー、ダイオードレーザーの全てを導入している施設は日本に数施設しかありません)しています。

専用の最新高品質の技術で手術を行うため、治療直後より歩行できるほど体に負担が少ないのが特徴です。

日帰り手術は術後に自宅で安静治療ができるため、精神的負担も少ないのが特徴です。

治療時間が短いので、十分に時間の取れない自営業の方、主婦の方にとっては日帰り手術はたいへん有効な治療方法です。

日帰り手術についての看護師からのアドバイス

日帰り手術について、分からないことは何でもご相談下さい日帰り手術について、不安なことや、わからないことは何でもご相談下さい。

これが安心して日帰り手術を受けられるコツと思います。

レーザーによる日帰り手術

パルスヤグレーザーを使った日帰り手術 下肢静脈瘤の治療といえば、日本ではまだ異常静脈を外科的に抜去する手術(ストリッピング術他)や硬化療法が主流です。でも、血管系疾患の患者数が日本をはるかに上回る欧米諸国では、1990年代後半より、レーザーを用いた血管内治療や光治療などが導入され、下肢静脈瘤の最も優れた治療法のひとつとして認識され、普及しています。

レーザー手術治療とは、径の細いレーザーファイバーを血管の内腔に挿入して静脈瘤を閉塞させたり、 多様な波長の光を静脈瘤のある部分に照射することで、肌を傷めずに異常血管のみを消失させる方法で、今までの治療方法に比べて、短時間で治療できるので(日帰り手術が可能)、体の負担も少なく、治療による跡が目立たないなど、 多くの利点を有しています。

日帰り手術を行う施設・設備

日帰り手術を受けることができる方の条件

  • 日帰り手術を患者様自身が希望していること。
  • 日帰り手術を理解していること。
  • 一人暮しでないこと(一人暮しの方は入院加療になります)。
  • 日常生活に大きな問題があるような病気、障害がないこと(ある場合は、入院治療のある施設を御紹介させていただいております)。
  • 術後出血、気分不良など緊急時にすぐ来院できること。

日帰り手術の流れ

1回目 受付(初診) 受診・検査(採血、心電図、レントゲン、超音波検査、検尿)
手術対象か医師が判断します。
2回目 受診 検査結果の説明
手術日決定・手術の説明
3回目 当日 退院可能
次回受診日決定
退院不可能
帰  宅 提携病院へ入院
術後 当クリニックより経過伺いの電話
4回目 術後診察 翌日か翌々日に受診(翌日より社会復帰)
お電話受付時間:
10:00~17:00
※木・祝は休診日です
電話番号:
073-433-5000
メールでお問い合わせ:
メールフォーム

▲このページの上に戻る

下肢静脈瘤ってなあに?

下肢静脈瘤の治療

楽クリニックご案内

サイト内検索

Copyrigt(C) Raku Clinic All right reserved