下肢静脈瘤は入院せずに楽クリニックで治す

下肢静脈瘤の専門、最先端の下肢静脈瘤治療  楽クリニック

メールでのお問い合わせはこちら電話でのお問い合わせ
下肢静脈瘤の治療
  1. ホーム
  2. 下肢静脈瘤の治療
  3. 下肢静脈瘤の日帰り手術

下肢静脈瘤の日帰り手術

楽クリニックでは、下肢静脈瘤の治療にレーザー手術治療を導入(パルスヤグレーザー、半導体レーザー、ダイオードレーザーの全てを導入している施設は日本に数施設しかありません)しています。

日帰り手術で早まる日常生活復帰

下肢静脈瘤の日帰り手術って?

専用の最新高品質の技術で手術を行うため、治療直後より歩行できるほど体に負担が少ないのが特徴です。

日帰り手術は術後に自宅で安静治療ができるため、精神的負担も少ないのが特徴です。

治療時間が短いので、十分に時間の取れない自営業の方、主婦の方にとっては日帰り手術はたいへん有効な治療方法です。

日帰り手術についての看護師からのアドバイス

日帰り手術について、分からないことは何でもご相談下さい

日帰り手術について、不安なことや、わからないことは何でも私共看護師にご相談下さい。

日帰り手術と言っても、やはり「手術」となると、経験のある方でも不安に感じるのは当たり前の事です。お話をさせて頂くだけでも、少しでも不安を取り除けるかと思います。大阪や兵庫、京都など遠方から来られる患者さまも手術以外に交通手段など分からないことがありましたらお問い合わせ下さい。

これが安心して日帰り手術を受けられるコツと思います。

お問合わせはこちらから

レーザーによる日帰り手術

パルスヤグレーザーを使った日帰り手術

下肢静脈瘤の治療といえば、日本ではまだ異常静脈を外科的に抜去する手術(ストリッピング術他)や硬化療法が主流です。でも、血管系疾患の患者数が日本をはるかに上回る欧米諸国では、1990年代後半より、レーザーを用いた血管内治療や光治療などが導入され、下肢静脈瘤の最も優れた治療法のひとつとして認識され、普及しています。

レーザー手術治療とは、径の細いレーザーファイバーを血管の内腔に挿入して静脈瘤を閉塞させたり、 多様な波長の光を静脈瘤のある部分に照射することで、肌を傷めずに異常血管のみを消失させる方法で、今までの治療方法に比べて、短時間で治療できるので(日帰り手術が可能)、体の負担も少なく、治療による跡が目立たないなど、 多くの利点を有しています。

レーザー治療について詳しく

パルスヤグレーザーを使った日帰り手術

日帰り手術を受けることができる方の条件

  • 日帰り手術を患者様自身が希望していること。
  • 日帰り手術を理解していること。
  • 一人暮しでないこと(一人暮しの方は入院加療になります)。
  • 日常生活に大きな問題があるような病気、障害がないこと(ある場合は、入院治療のある施設を御紹介させていただいております)。
  • 術後出血、気分不良など緊急時にすぐ来院できること。

日帰り手術の流れ

楽クリニックでの日帰り手術は、以下の流れとなります。

日帰り手術の流れ