下肢静脈瘤の治療・日帰り手術「楽クリニック」

下肢静脈瘤の原因

楽クリニック >下肢静脈瘤 > 下肢静脈瘤の原因

どうして下肢静脈瘤になってしまうの?

下肢静脈瘤の原因下肢静脈瘤」の多くは足の静脈にある血液の流れる方向を決めるための弁が悪くなって起こります。静脈の弁は血液が心臓の方向へ流れるように一方通行弁になっていますから、この弁が悪くなると血液は逆流を起こしてしまうからなのです。

下肢の血液は、足の運動によって心臓に戻っていきます。また静脈には、血液の逆流を防ぐための弁がついていて、血液が重力に負けて下へ引かれ逆流しないようにくい止めています。

この逆流防止弁が、足の付け根や膝の裏など太い静脈血管の合流部で壊れ、これが原因で血液は逆流し、足の下の方に血液が溜まり、 静脈がこぶのように膨らむのです。


簡単に説明すると、

静脈の弁が壊れてしまっている状態の血液の流れ正常な静脈の血液の流れ
足の静脈の弁が壊れる

血液が心臓へ戻ること
ができない

足の血管に血液が溜まる

血管がふくれる
(下肢静脈瘤が出来る)

ということになります。
足の静脈にはいくつもの弁があるため、一部が逆流を起こしても正常な静脈弁が正常な血液を流すので全体的な影響はありません。

下肢静脈瘤が出来やすい人って?

女性に多い(性的な要因です)

女性の場合、歳を経るに従って、下肢静脈瘤が発生する頻度は上昇してきます。

立ち仕事が多い人

美容師・調理師・店員などの立ち仕事に従事している人に下肢静脈瘤を発症する人が多いのが特徴です。

加齢

年齢を重ねるにつれて、静脈や静脈の弁が弱くなり下肢静脈瘤を発症する原因になります。

加齢妊娠時

下肢静脈瘤は妊娠時に発症する事が多々あります。その為、妊娠時に血管の浮きを感じてくる場合には、下肢静脈瘤を予防する為に、 弾性ストッキングを着用することが勧められます。 遺伝的要因も関係しているとされていますので、近親者に下肢静脈瘤の方がいる場合、 妊娠の際にはより注意をする必要があります。

遺伝

親族が下肢静脈瘤をもつ場合、発生頻度が高くなります。

お電話受付時間:
10:00~17:00
※木・祝は休診日です
電話番号:
073-433-5000
メールでお問い合わせ:
メールフォーム

▲このページの上に戻る

下肢静脈瘤ってなあに?

下肢静脈瘤の治療

楽クリニックご案内

サイト内検索

Copyrigt(C) Raku Clinic All right reserved