下肢静脈瘤は入院せずに楽クリニックで治す

下肢静脈瘤の専門、最先端の下肢静脈瘤治療  楽クリニック

メールでのお問い合わせはこちら電話でのお問い合わせ
楽クリニックのご案内
  1. ホーム
  2. 院長コラム
  3. 下肢静脈瘤の治療

下肢静脈瘤の治療

足の”血管コブ”は手術が必要?

足の血管コブが目立つようになり、かかりつけの医師に相談すると
「悪い病気ではないので、そのまま様子をみましょう。」
と、説明されることが多いかと思います。

血管の隆起は気になりますが、その他特に症状がない人は経過観察でいいでしょう。

しかし、夜中に何度もこむら返りが起こったり、かゆみや色素沈着(膝下に皮膚の黒ずみ)などの症状があったりする人には、治療を勧めています。
そのまま症状が進むと、血行不良により炎症が起こり、皮膚に傷がついて潰瘍になってしまうことがあるためです。

下肢静脈瘤の治療は手術です。原因である壊れた血管をレーザーを使って閉じる方法が一般的で、眠っている間、もしくは局所麻酔で治療を受けることができます。

手術後は、安静の必要もなく、その日から普段通りに過ごすことが可能です。

寒い時期は空気が乾燥し、血流も悪くなりやすいことから、かゆみなどの症状が強くなります。
皮膚の乾燥を防ぐため、保湿剤をしっかり使って皮膚が痛まないように心がけて下さい。

また、下肢静脈瘤と診断されている人は、日中、専用の医療用弾性ストッキングを着用して症状が進行しないよう予防して下さい。

2018-01-09 / 院長コラム

「院長コラム」のほか記事を読む

別カテゴリの記事を読む

PAGE TOP

?>